「健康増進月間」でテレワーク中の運動不足を解消!

導入サービスウェルネスプログラム

COMPANY

NTTテクノクロス株式会社

社員規模1,816名(2021年3月末時点)

業種情報・通信業

テレワークで運動不足ニーズを確信し、
皆で参加できる「健康増進月間」を企画。
延べ200名以上が参加した企画をご紹介。

この事例のポイント

課題

顕在化した"運動不足"とその"解消手段"

COVID-19の影響から従業員がテレワーク中心になり、
運動する機会が著しく減ったという声が多数。
運動不足解消のため大勢で一堂に会し、対面式のイベント実施が難しい状況。

結果

健康増進月間を企画し200名以上が参加!

運動不足の解消と同時に、従業員同士もなかなか会えない時期だからこそコミュニケーションの促進を目的に「健康増進月間」を企画。
LIVE形式の健康セミナーを含め、延べ200名以上が参加し、想定以上の盛り上がりで部内に嬉しいザワつきが。

導入成果

●RIZAP ウェルネスプログラム  オンラインセミナー

定期的な運動の啓発を目的とし、RIZAPウェルネスプログラムのオンラインセミナーを導入。

事業部全体のイベントとしてリアルタイムで開催し、皆で体を動かすことで一体感を醸成。

LIVEセミナー(運動編)には任意参加として呼びかけたにも関わらず、事業部約300名中、60名が参加。

事前のヒアリングで明らかとなっていた運動不足や腰痛など身体的な不調を解決したいというご要望に応じて、ストレッチとトレーニングのメニューをミックスして実施しました。

 

●5minトレーニング(アーカイブ配信)

運動習慣の定着を目的とし、1回5分で行える5minトレーニングをリモート会議上で定期配信。

テレワークの従業員は自宅から、出社している従業員は会議室から、と各々が好きなスタイルで運動不足を解消。

計4回開催し、多い時は50~60名が参加しました。

ストレッチとレーニング動画を組み合わせ、飽きさせない&適度な達成感で気分もリフレッシュする内容となっていました。

 


 

■健康増進月間 スケジュールカレンダー

※当日の様子

・出社している従業員は会議室から参加

・LIVEセミナーの参加者

 

利用者の声

テレワークで運動不足ニーズを確信し、皆で参加できる「健康増進月間」を企画

NTTテクノクロス株式会社 デジタルトランスフォーメーション事業部 千葉さん・古田土さん

千葉さん

コロナ禍で在宅勤務が浸透し、事業部内のニーズをヒアリングすると、「テレワークで通勤がなくなり運動不足を実感している」という声がとても多かったです。

昼休憩に散歩したりランニングをするという従業員もいるということを聞いていました。皆なにかしら運動を取り入れたいという気持ちを確認できていたので、大勢で参加できて、運動不足解消につながる施策はないかと探したところ、RIZAPウェルネスプログラムが候補として出てきました。

古田土さん

オフィスでも自宅でも300人規模で皆が一緒に楽しめる運動サービスを探していた中で、RIZAPは知名度があって興味関心を集められること、またLIVEセミナーと5minトレーニングの視聴を組み合わせることで『健康増進月間』を企画できたことがRIZAPウェルネスプログラムの採用の決め手になりました。

『健康増進月間』ではオフィスに出社している従業員は会議室から参加し、テレワークのためオンラインで参加している従業員とともにセミナーを視聴したり、5minトレーニング動画をみるなどしてイベント形式でトレーニングを行う企画を複数回立てました。

よい意味で期待を裏切られた カラダを動かすことの楽しさを再認識

千葉さん

意外だったのは、健康セミナーや5minトレーニングに参加した人も、参加できなかった人もRIZAPの共通話題で盛り上がっていたことです。

セミナーを事業部内に案内した際に、「RIZAPは知ってるけど、セミナーってどんな感じなの?」「ハードな内容だとついていけないよ。」という声がチラホラありました。

でもいざやってみると程よい運動量で「思っていた以上に楽しかった!」「ひさしぶりの運動で楽しかった、また企画してほしい!」と、想定以上に良い反響でした。

古田土さん

今回は会議室を確保し、事業部皆のスケジュールをセットしたり、参加を促すチラシを独自で作るなどの工夫をして部内に周知し参加を呼びかけました。

健康増進月間をテーマに皆で体を動かす機会を作れ、参加者からの好評なコメントが得られたことが良かったです。今後も事業部のイベントに健康要素を取り入れていきたいです。

導入事例「NTTテクノクロス株式会社」

詳しく知りたい方はこちらから