健康無関心層の4つの特徴 ❘ 行動変容へのアプローチとは

企業が健康経営に取り組む上で、健康無関心層への対策は大きな課題のひとつです。

健康無関心層とは、言葉の通り、食習慣や運動習慣の改善に「関心がない」または「関心はあるが改善するつもりはない」といった層を広義で指す言葉です。

健康無関心層を振り向かせて巻き込むためには、彼らの特徴や実態を理解し、その上で適切なアプローチが必要です。

本記事では、企業が抱える課題から、健康無関心層の実態に合わせた具体的なアプローチ方法や成功事例を紹介します。

従業員の健康増進に
RIZAPウェルネスプログラム

RIZAPウェルネスプログラムのサービス概要資料です。会社で健康セミナーを実施したい、従業員に健康になってほしい効果のある施策を実施したいというご担当者様はぜひご覧ください。

資料ダウンロード(無料)はこちら

目次

健康無関心層とは

健康無関心層とは、言葉の通り、食習慣や運動習慣の改善に「関心がない」または「関心はあるが改善するつもりはない」といった層を広義で指す言葉です。

厚生労働省が令和元年に実施した「国民健康・栄養調査」の結果では、20歳以上の食習慣の健康無関心層は男性24.6% 女性25.0%、運動習慣の健康無関心層は、男性23.9%、女性 26.3%でした。運動習慣の無関心層は、特に20代女性で34.2%、30代女性で36.87%と高い数値を示しています。

このような健康無関心層への対策をする上で重要なポイントが、行動変容ステージを理解することです。行動変容ステージは「無関心期」→「関心期」→「準備期」→「実行期」→「維持期」の5つに分かれており、どのステージにいるかによって、効果的な働きかけ方法は異なります。

  • 無関心期:6か月以内に行動を変えようと思っていない
  • 関心期 :6か月以内に行動を変えようと思っている
  • 準備期 :1か月以内に行動を変えようと思っている
  • 実行期 :行動を変えて6か月未満である
  • 維持期 :行動を変えて6か月以上である

さらに、RIZAPでは健康知識の有無と健康状態の良し悪しで、「健康層」「なんとかなる層」「やりたくない層」「無自覚層」4つの層に分類しています。

この分類からは、健康に無関心な理由や何が健康習慣の妨げになっているかを確認できます。

「健康無関心層への対策」とざっくり実施するのではなく、行動変容ステージのどこにいるのか、なぜ健康に無関心なのかを理解した上でのアプローチが重要です。
参照:令和元年国民健康・栄養調査結果の概要

企業が抱える課題

健康施策を実施している上で課題を抱えている企業はたくさんあります。

2021年12月~2022年4月に計6回開催したWebセミナーの参加者約270名へのRIZAPが行ったアンケートでは、以下のような課題や悩みが見受けられました。

最も課題だと感じている項目で多かったのは、「健康無関心層が参加しない」でした。また「健康習慣を定着させることが難しい」という声も同じくらい多く挙がっていました。

参加企業からは、「参加する人がいつも同じ」「本来参加してほしい人や、いつも参加していない人も参加できるような健康経営の取り組みを実施したい」「無関心層の従業員も興味が湧くような施策がしたい」という悩みが多く挙げられています。

次に、健康経営の推進度合い別でみると、健康経営をこれから始める、または始めたばかりの企業では、「健康習慣が定着しない」、「健康リテラシーが低い」、という二つの課題が多いことがわかりました。

一方で、アンケート結果からは、「始めてしばらく経つが、効果的な健康経営を実践できている」という段階になると、健康無関心層の不参加率が約2.3倍になり、「健康経営に取り組んでいくなかで最終的に健康無関心層へ向けた課題が残ってしまう」という課題が見えてきました。

健康無関心層の実態

健康無関心層へ効果的にアプローチするためには、なぜ健康へ無関心なのかを理解する必要があります。厚生労働省が令和元年に実施した「国民健康・栄養調査」の結果から、運動習慣・食習慣に分けて、健康無関心層の実態を確認していきましょう。

運動習慣

運動習慣の意識は、「改善することに関心がない」「関心はあるが改善するつもりがない」の回答が男性で37.8%、女性で37.4%でした。回答層の特徴として、男女ともに運動習慣がない方の回答割合が、運動習慣のある方の回答割合の約2倍という結果でした。

運動習慣の定着の妨げになる点については、「仕事(家事・育児等)が忙しくて時間がないこと」が38.1%と最も高く、特に女性の回答割合が39.0%と高い結果でした。次に、「面倒くさいこと」が27.6%で、男女ともに概ね同じ割合でした。

「運動が嫌いなこと」と回答した割合は男性で5.2%、女性で14.0%とそれほど高い数値ではなく、運動自体への抵抗よりも、時間が取れないことやモチベーションが上がらないことが妨げになっているというのが実態です。

食習慣

食習慣改善の意識については、「改善することに関心がない」「関心はあるが改善するつもりがない」の回答が男性で41.1%、女性で35.7%でした。このように回答した層は、男女ともに痩せ型の方の回答割合が最も高く、肥満の方の回答割合が最も低いという特徴がありました。

健康な食習慣の妨げになる点については、「特にない」の次に、「仕事(家事・育児等)が忙しくて時間がないこと」が27.5%と高く、特に30~40代では半数近くの方がそう感じているという結果でした。次に、「面倒くさいこと」が25.3%で、年代別では20代が35.7%と、回答割合が最も高いという結果でした。

一方で、「外食が多いこと」と回答した割合は男性で7.9%、女性で2.9%、「経済的に余裕がないこと」と回答した割合は男性で7.5%、女性で9.1%と低く留まっています。運動習慣と同じく、現状の食習慣自体の問題ではなく、時間が取れないことやモチベーションが上がらないことが妨げになっているのが実態です。

健康無関心層へのアプローチ方法

ここからは、健康無関心層へのアプローチ方法を具体的に解説します。アプローチを考える
おすすめの方法は、健康行動介入を順に並べたフレームワーク「介入のはしご」をもとに、健康無関心層の健康状態などに合わせて介入レベルを考えることです。

【介入のはしご】引用:中村正和「地域づくりにおけるポピュレーション戦略の重要性と国際的動向」地域医学:2016

引用:中村正和「地域づくりにおけるポピュレーション戦略の重要性と国際的動向」地域医学:2016

数字が小さいほど介入効果は大きくなりますが、従業員の反発につながる可能性があります。組織で働く従業員の意識レベルや実態を把握した上で、効果的なアプローチのために「介入のはしご」をどこまで上るかを検討していきましょう。

この「介入のはしご」の各レベルにおいて、どのようなアプローチがあるか事例を紹介します。

レベル1:選択させない

「健康施策に参加しない」という選択を選択肢から完全に除去するべく規制する方法です。

【アプローチ事例】
・健康施策を業務時間内に行い強制参加させる
・禁煙のために喫煙所を撤去する
・毎朝全員でストレッチや体操をする

レベル2:選択を制限する

健康施策への参加において、従業員が選ぶことのできる選択肢を制限する方法です。

【アプローチ事例】
・公共の場での喫煙を禁止する

レベル3・4:逆インセンティブにより選択を誘導する、インセンティブにより選択を誘導する

参加することでのインセンティブや、逆に参加しないことでのペナルティを設けることで、健康施策への参加を誘導する方法です。

【アプローチ事例】
・インセンティブ:健康ポイントの付与(健康増進の取り組みや、健康改善の状況に対してポイントを付与。そのポイントで好きな商品と交換できる)
・ペナルティ:健康リスクを抱えていると昇進や海外転勤ができない

レベル5:デフォルトを変えることによる選択を誘導する

健康施策への参加など、より健康な選択肢をデフォルトの状態として選択しやすいようにする方法です。

【アプローチ事例】
・社員食堂のメニューを変更して、サラダを各メニューにデフォルトでつける

レベル6:環境を整えて健康的な選択を誘発する

健康施策への参加を選択しやすい周囲環境を整えることで、従業員に健康的な選択を促す方法です。

【アプローチ事例】
・食堂や自動販売機のメニューに栄養成分やカロリーを表示する
・駐輪場や自転車用品を整備して、自転車通勤できるようにする
・スタンディングワークスペースを設けて、立ちながら仕事ができるようにする

レベル7:情報を提供する(教育・啓発普及)

健康的な生活を送るための情報提供を通じて健康への興味関心を促し、従業員の健康意識を高める方法です。

【アプローチ事例】
・健康セミナーの実施
・健康情報の定期配信

アプローチのポイント

介入レベルに応じた健康無関心層のアプローチ方法を事例と併せて紹介してきましたが、実際に健康無関心層へのアプローチは難しく、工夫が必要です。

ここからは、健康無関心層へのアプローチに効果的な2つのポイントを紹介します。

ナッジ

ナッジ(nudge)とは、「そっと後押しする」という意味の英語です。行動科学に基づき、人々が自分にとってより良い選択や行動をとれるよう手助けをすることです。人が選択する際の環境をデザインすることで、行動変容を促すのが特徴です。

たとえば、社員食堂の健康メニューを選択してほしい場合の事例として、メッセージを活用する方法があります。「本日のおすすめ!」「〇日~〇日の期間限定メニュー!」「〇〇使用でカロリー〇%減!」というようなメッセージがあったらどうでしょうか。「今日はこっちを食べてみようかな」と、行動変容を促す効果が期待できます。

他にも、階段に「ここまで登ると〇カロリー消費!」「1日5分の階段昇降で〇〇改善!」と掲示することで、健康施策への参加を促すのも良いでしょう。

このように、健康無関心層に選択してほしい行動を考えて、その行動を促すためにちょっとした工夫をすることが、効果的なアプローチにつながります。

視点を変える

自己効力感を高める(自信をつける)ことも、健康無関心層の行動変容促進に有効です。

健康施策に参加する人には、参加することで達成したい目標があります。

自己効力感を高めることで、行動変容を前向きに捉えることができ、ポジティブに参加できるようになります。また、実行した際に、想定外の問題に直面したり、思い通りにいかないという壁にぶつかったりしても、前向きに考えて行動変容を維持できます。

自己効力感を高めるためには、小さな成功体験を積み重ねることがポイントです。

最終的な目標に向かうプロセスで、少し努力すれば達成できそうな小さな目標を段階的に立てて、それをひとつずつクリアしていきます。そうすると、目標を達成するたびに成功体験を積み重ねることで自信がつき、習慣化するモチベーションにつながります。

目標設定をする際は、ネガティブ要因からの動機付けではなく、ポジティブ要因からの動機付けを行いましょう。「体重を〇kg減らす」「姿勢の悪さを治す」というような、やらないことによるダメージを回避しようとして設定する目標は、長続きしません。

そのため、健康を維持・増進することで叶えられる「〇〇マラソン完走」「家族で日本一周旅行をする」など、イキイキとしている自分の姿を想像し、やり遂げたことで得られる報酬が期待できる動機から目標設定を行いましょう。

健康無関心層を巻き込んだ事例

導入事例
ベネッセホールディングス様の事例資料

健康施策の参加者数が2年で9倍に!従業員の運動不足の解消に成功!
従業員の働きがいスコアも向上した健康経営推進とは?

資料ダウンロードはこちら

ベネッセホールディングスは、比較的若い従業員が多く、病気の人が多いわけではありませんが、生活習慣病予備軍については気を付ける必要があり、過去に生活習慣病の予防としてポピュレーションアプローチをいろいろ実施してきました。

しかし、健康無関心層が集まらず毎回関心のあるメンバーしか集まらないなど健康施策に関して苦戦を強いられている現状を変えるため、集客に好影響がありそうだと判断してRIZAPの健康セミナーを導入しました。

●2019年度
対面形式でのRIZAP健康セミナーを開催

●2020年度
コロナ禍につきオンラインでRIZAPの「5minトレーニング」という短時間で運動を行うセミナーを10回連続 (10営業日連続)で開催

●2021年度
毎週金曜日のランチタイムに10週連続でにRIZAPの「5minトレーニング」を開催
および女性向けの健康セミナーの開催

2020年度より運動不足に悩む企業が増えている中、上記の取り組みの末「運動習慣がある」と回答した割合が毎年向上しています。

参加満足度は97.5%と高く、2019年度以降、参加申込人数は翌年に4倍、翌々年には9倍もの推移を遂げる結果となりました。

まとめ

多くの企業が、健康無関心層の対策に課題を抱えています。組織全体で健康施策に取り組むためにも、健康施策に「いつも同じ人が参加している」状況を解消し、健康無関心層を巻き込むことが重要です。

まずは自社の健康無関心層の実態を把握し、介入レベルに合わせたアプローチ方法を取り入れることが望ましいでしょう。

サービス紹介資料
RIZAPウェルネスプログラム

RIZAPウェルネスプログラムのサービス概要資料です。会社で健康セミナーを実施したい、従業員に健康になってほしい、効果のある施策を実施したいというご担当者様はぜひご覧ください。

資料をダウンロードする